2019-02

スポンサーリンク
個人のテーマ

二十代の暗闇トンネル

2019年2月28日赤口 見渡す限り真っ暗で明日が見えない・・・ そんな時期がかつてあった。 新卒で就職した会社を3年足らずで辞めた後だ。 次の勤め先は見つかっていない。 五里霧中手探りでその日暮らしを続けた。 ...
家族地域の問題

色褪せぬ愛犬との記憶

2019年2月27日大安 数年前のこと。実家に黒い小さなミニチュアダックスフンドがある日現れた。 妹がもらってきたらしい。両親は困惑しており、当時実家に住んでいた私は反対した。 ところが、しばらくの間預かるだけだ、と飼い主...
家族地域の問題

男たちの水入らず時間

2019年2月26日仏滅 定年退職は55才だった。 ~しなければならない、じゃないから続くんだよ。 天声人語を読め、と偉い人に言われていた。けどこれがなかな続かないんだよ。 先日、実家に帰省したときのこと。 家族で夕食を摂った...
個人のテーマ

吹雪の後はきっと晴れ

2019年2月25日先負 移りゆく季節の変化に敏感であれ 駆け出しの記者は先輩記者からこう教わるという。 季語を散りばめた文章は立体的で叙情的な色を帯びる。これこそ玄人の技だといえる。 目を閉じると風景を想起できる。...
映画・音楽・書籍

心を鷲掴みにした楽曲(※イヤホン用意)

2019年2月24日友引 今でも胸の奥に眠るメロディーが幾つかある。心奪われ魅了された。 BOOWY、布袋寅泰、LUNASEA、X JAPAN、BON JOVI ファンの定義がファンクラブの入会有無かどうかは分からないが、...
映画・音楽・書籍

枕草子を読み解く遊び

2019年2月23日先勝 「平安時代の女流作家の位置付けは、現代の少女漫画と同じ―」 そんな突拍子もない直観から枕草子を少女の話し言葉で現代語訳した作家がいる。学生時代、数学の試験でどうしても公式を思い出せなかった際、彼は「公式...
社会の課題

イタズラ行為とSNS

2019年2月22日赤口 社会問題化しているイタズラ行為とSNSについて議論が集中している。 飲食店やコンビニでの不快不適切な動画投稿の数々。 ひと握りの浅慮で未熟な人間による行いである。とはいえ、ごく少数だからと看過はで...
世界の議題

追い求める理想の国力

2019年2月21日大安 現代の世界強国といえば、どこだろうか。 アメリカ合衆国、 イギリス フランス ロシア 中国 だろうか。 この5国は第二次世界大戦の戦勝国に基づく安保理常任理事国だ。 経済力、軍事力、技...
世界の議題

対米追従路線の行く先

2019年2月20日仏滅 2月15日の記者会見。トランプ氏は最も美しい手紙と表現した上で「安倍首相からノーベル平和賞に推薦された。私は恐らく受賞しないだろうが、それでも構わない」と自身を推薦した文書の存在を明かし、大変ご満悦そうに語った。...
社会の課題

戦闘機よりも保育所を

2019年2月19日先負 保育園の不足問題は今なお頭の痛い問題で、都心部では尚更である。 大学の友人がもうすぐ双子の赤ちゃんを産む。3月が出産予定。一気に4人家族になり家が手狭になるためできれば年内に引っ越しを考えているという。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました